カードローンでは勤務先に電話確認がある

カードローンはお金を借りる事が出来る便利なサービスでありますが、誰にでもお金を貸し出しているわけでは無くて返済してもらうためにも審査が行われます。
審査があると言っても担保や保証人を用意する必要はないので比較的簡単に済ませる事が出来るのですが、一般的には本当に返済してもらう事が出来るかどうかを調べるためにも勤務先への電話確認が行われるのが一般的です。
単に自己申告で勤務先を伝えたとすると中にはお金を借りるためにも虚偽内容を申告する人もいますので、そういう事が簡単に出来ないようにするためにも申込者本人の自己申告以外で確かめる事の一つなのです。
たとえ期間内にきちんと返済をしたとしても、借金をする事自体が世間一般でのイメージはあまり良くないという事もあり、そのような事をされたのでは職場に借金をしようとしている事が知れ渡ってしまうのではないかと心配をする人もいます。
そうした心配をするのは仕方の無い事ではあるのですが、自分からバレてしまうような事をしない限りはばれてしまう可能性は低いので安心して良いです。
勤務先への電話については不安に感じる人が多いという事はカードローン会社の方でも把握しているので、極力ばれないように配慮してくれるようになっているのが普通です。
まず、職場への電話をする時にはすぐにバレてしまう会社名を名乗る事は無くて個人名で電話をするように配慮してくれます。
また、本人が電話に出られない場合でも在籍している事が分かれば良いので、外出が多い場合でも問題は無いです。
仮に何の電話か聞かれるような事があったとしても、自分から分かるようには伝えずに保険の勧誘などと適当に誤魔化してしまえば、多少は不審に思うかもしれないですがそれだけでバレてしまう可能性は無いです。
それでも、普段電話が無いから分かってしまう、審査申し込み時間には在籍確認が出来ない、などといった理由で心配だという人もいますが、事前にそうした理由を相談すれば別の方法で対応してくれるカードローンや、はじめから勤務先へ電話確認せずに別の方法で対応しているカードローンもあります。